コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャーとは

診査・診断

コーヌスデンチャーとは、歯にセメントで合着した内冠と、義歯と合体した外冠が精密に適合するよう作製された入れ歯です。内冠と外冠を重ね合わせると、摩擦の力によって入れ歯を固定します。同じ形の紙コップを重ね合わせると外れにくいのと同じ原理になります。
コーヌスデンチャーは、熟練した技術が必要なため、取り扱っている歯科医院が少ないのですが、取り外し式の入れ歯では現在最高の入れ歯といえます。インプラントに抵抗がある患者様には、審美性と機能性が高いコーヌスデンチャーは、もっともおすすめできる入れ歯です。

コーヌスデンチャーの特徴

  • 金属のバネ(クラスプ)がないので見た目が自然で美しい
  • 内冠と外冠が精密に適合し、強固に固定されるので、自分の歯のように噛める
  • 床の部分が小さく、異物感が少ないため、味覚障害・発音障害を防げる
  • 歯の寿命を延ばすことができる(特に動揺している歯に対して)
  • 残った歯が駄目になった場合でも修理しながら長期間使用することができる

コーヌスデンチャーの製作過程

1.診査・診断

診査・診断

はじめに患者さんが現在お困りなこと、今後のご希望などをお伺いします。
その後、実際にお口の中を拝見し、レントゲン写真を撮り、お口の中の病態がどの程度まで進行しているかを診査・診断します。
診査・診断の結果を患者さんにお伝えし、今後の治療計画を立案します。

2.前処置・支台歯形成

術前の口腔内

患者さんから治療開始のお申し出があれば、治療に入ります。まず歯周病や虫歯の治療を行います。できる限り残った歯を生かすことを検討しますが、どうしても残すことが不可能な状態の歯はこの段階で抜歯します。
それらの処置が終わりました後に、内冠を設置する歯(支台歯)の形成(歯の形を削って整えること)を行います。

3.内冠の製作と口腔内試適

内冠の試適

内冠を製作するために形成した歯の型取り(印象採得)を行います。コーヌスデンチャーの内冠の型取りは、特に注意を払い、精密な型を取っていきます。
取った型をもとに内冠を製作します。内冠は支台歯に合着する冠です。
内冠が完成すると、実際にお口の中で適合を確認します。

4.個人トレーによる内冠取込精密印象

  • 上顎
  • 下顎

今度はお口の型を取るため、患者さんお一人お一人に合ったオーダーメードの型取り用トレー(個人トレー)を作成します。
この個人トレーを使用し、お口の中の動きを精密に測定し、個人トレーに反映させていきます。この過程を筋圧形成と呼びます。
そして完成した個人トレーを用いて、内冠を装着した状態で精密な型取りを行います。

5.作業用模型の作成と咬合採得

咬合採得

内冠取込み精密印象で取った型をもとに作製した作業用模型上で咬合床を製作し、咬合採得を行います。咬合採得とは、咬み合わせをとる作業になります。
この際、必要に応じてフェイスボウトランスファー、ゴシックアーチ描記など、咬み合わせの位置や顎の動きを咬合器に反映させるための装置も使用します。
咬合採得の後、患者さんのご要望に沿った色と形の人工歯を選択していきます。

6.外冠・脚部の製作と口腔内試適

外冠・脚部の試適

咬み合わせの位置が決まると、外冠と脚部を作製します。
外冠と脚部が完成すると、実際にお口の中で適合を確認します。

7.人工歯排列

  • 上顎
  • 下顎

咬合床の上に人工の歯を並べます。この際、審美性と機能性の両立した歯並びを再現します。また、外冠の唇面も白く美しく加工します。この段階では歯肉の部分は蝋でできた蝋義歯の状態です。
蝋義歯を患者さんの口腔内に試適し、審美性と機能性にご満足いただけましたら、本当の義歯に仕上げます。

8.完成

完成した義歯

蝋義歯の蝋部分をレジンに置き換え、完成になります。
クラスプが見えない美しい仕上がりになります。

コーヌスデンチャーの製作では、内冠の適切なコーヌス角とその内冠に精密に適合する外冠、そして義歯の機能的な設計が大切なポイントとなります。
当院の院長 芝 燁彦は、日本で最初にコーヌスデンチャーの製作・研究を始めた1人で、著書にもあるように、国内外の数多くの歯科医師にコーヌスデンチャーの講義・講演を行い、コーヌスデンチャーを普及させてきました。
数多くの経験をもとに、患者様へも自信を持ってご提供できるコーヌスデンチャーを作製いたしますので、お気軽にご相談ください。

写真が実績を語る… 症例紹介はこちら »

カウンセリング・診療のご予約はこちら

ページの先頭へ戻る

義歯・入れ歯治療案内

  • 総入れ歯
  • 部分入れ歯
  • コーヌスデンチャー
  • 審美歯科治療案内