部分入れ歯

部分入れ歯にはさまざまな種類がありますが、ここでは、もっとも一般的なクラスプデンチャーについてご紹介します。
金属のバネ(クラスプ)のある入れ歯は皆さんもよくご存じだと思います。しかし、使用する素材や製作工程によって、その適合性は大きく異なります。素材には、コバルトクロム、チタン合金、白金加金といった金属を使用するものがあります。

部分入れ歯の製作過程

1.診査・診断

診査・診断

はじめに患者さんの現在の苦痛や不快なこと、今後のご希望などをお伺いします。
その後、実際にお口の中を拝見し、レントゲン写真を撮り、どのような治療が可能かを診査・診断します。
診査・診断の結果を患者さんにお伝えし、今後の治療方針を決定します。

2.前処置

術前の口腔内

患者さんからの治療開始のお申し出があれば、治療に入ります。まず歯周病や虫歯の治療を行います。できる限り残った歯を生かすことを検討しますが、どうしても残すことが不可能な状態の歯はこの段階で抜歯をします。

3.概形印象採得と個人トレーの製作

概形印象採得

まず既製のトレーを使用し、お口の型を取ります。それをもとに患者さんお一人お一人に合ったオーダーメードの型取り用トレー(個人トレー)を作成します。

4.筋圧形成

筋圧形成

作製した個人トレーを使用し、お口の中の動きに合わせた義歯の型を得るために口腔内周辺の筋肉の動きを精密に記録し、個人トレーに反映させていきます。この過程を筋圧形成と呼びます。筋圧形成は、義歯の適合の良否を決定づけるもっとも大切な操作になります。

5.個人トレーによる精密・機能印象採得

精密・機能印象

筋圧形成の完成した個人トレーを使用し、精密で機能的な型取りを行います。

6.作業用模型の作製とメタルフレームの製作

メタルフレーム

精密機能印象でとった型をもとに作業用模型を作成します。
作業用模型上でサベヤーという測定機器を用いて精密に測定した後、精密で機能的なメタルフレームを製作します。

7.咬合採得

咬合採得

メタルフレーム上にワックスを盛って咬み合わせをとります。これを咬合採得と呼びます。
咬合採得後、患者さんのお顔に合った色と形の人工歯を選択します。

8.人工歯排列と義歯完成

  • 完成した義歯
  • 口腔内に装着した義歯

美しい歯並びと噛める咬み合わせを再現するように人工の歯を並べます。
蝋義歯を試適し、患者さんの満足が得られたら、蝋部分をレジンに置き換え、完成になります。

部分入れ歯では、精密な測定、合理的・機能的な設計が大切なポイントになります。
当院では、長年義歯専門で臨床に携わってきた経験と技術をもとに、時間と手間を惜しまずに義歯・入れ歯の製作を行います。現在、入れ歯でお困りの方はお気軽にご相談ください。

審美・機能義歯 コーヌスデンチャーについてはこちら »

カウンセリング・診療のご予約はこちら

ページの先頭へ戻る

義歯・入れ歯治療案内

  • 総入れ歯
  • 部分入れ歯
  • コーヌスデンチャー
  • 審美歯科治療案内